北京市「798北京大山子芸術村

 4月上旬北京にある「798北京大山子芸術村に行ってきました。
芸術村は北京北東部にある電子部品などを造っていた、元国営の軍事工場の
建物で使われ無くなった建物を絵画や写真、彫刻などのアーティストに貸し出し
アトリエやギャラーとして解放されて国内外のアーチェイストたちが、数多く集ま
っている芸術専科の解放区です。
 広大な敷地にある工場跡の建物を区切ったアトリエやギャラリーでアーティス
トたちが思い思いの作品に取り組み、広場や建物の壁に展示しております。

   芸術村のメインストーリー
a0208066_624385.jpg

     なにげなく置かれたバイクや自転車が壁画に調和しています。
a0208066_626222.jpg

   朽ち果てたバイクと木の陰がアートになっています。作者の意図した作品でしょうか?
a0208066_6262635.jpg


a0208066_627862.jpg

   ショーウインドーの飾り物を見る壁画の人物像が面白いです。
a0208066_6282663.jpg

   歩く人までがアートの一部になってます。
a0208066_6301226.jpg

   モニュメントと記念写真の若者
a0208066_6311737.jpg


a0208066_6315592.jpg

   芸術村見学に訪れた幼稚園の子供達
a0208066_6352410.jpg

   村内を散策するアフリカ系の外国人
a0208066_7371741.jpg

   廃車の部品で造った巨大なモニュメントです。
a0208066_6322857.jpg

   廃工場の煙突までもがアートに見えてきます。
a0208066_633121.jpg

  
a0208066_6375864.jpg


a0208066_6403024.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2012-04-18 06:41  

<< 北京紀行「川底下村」 インド旅行レポート6 恵まれない人々 >>