昭和懐古


   愛知県北名古屋市に昭和30年代の生活用品などを収集した「昭和日常博物館」があります。 昭和30年代は三種の神器と云われたテレビ、冷蔵庫。洗濯機などが普及し始め、電球から蛍光灯へと日常生活の道具が激変した時代でもありました。
この「昭和日常博物館」には、30年代のこうした道具や当時の食料品や飲料水のバッケージや容器も展示され、昭和の日常生活を思い起こさせてくれます。
 今、生きている人が明治時代の資料館に行っても、懐かしさや、想い出を感じることは出来ませんが、今生きている人がこの「昭和日常博物館」に行けば、昭和を生きて来た生活の懐かしさや想いでを強烈に感じ取る事が出来ます。  今、ボケ防止やボケの治療に回想法が注目されているそうですが、特別養護老人施設やデーサービスなどの老人福祉関連施設からの見学も多く、引率者の話によりますと、老人達は今迄見たことがなかったような、明るく活き活きとした笑顔を見せるとのことです。

a0208066_7411177.jpg
            30年頃の一般的な家庭の居間の復元コーナーです。

a0208066_745441.jpg
  昔懐かし駄菓子屋さんです。くじ付きお菓子やおまけ付きキャラメル等で子供のたまり場にもなってましたね!

a0208066_7492599.jpg
          グリコのオマケを集めるのが子供達の間でブームになっていました。

a0208066_81369.jpg


a0208066_7565129.jpg
                     日用品兼たばこ屋のお店です

a0208066_835930.jpg

a0208066_843549.jpg

a0208066_884375.jpg
殺虫剤も今はスプレー式ですが、当時はポンプ式で夕方になると、蚊よけのため部屋中をシュッシュッとやった物でした。

a0208066_8142311.jpg
                       当時の最高級オートバイです

a0208066_8164445.jpg
バイクヤ屋さんお店先には当時流行したミゼット三輪車やラビットスクーターも並んでいます。

a0208066_8201018.jpg
             原付バイクの原形とも云える小型エンジン付き自転車です。

a0208066_8215535.jpg
                   当時の電気屋さんの再現コーナーです。
a0208066_8273254.jpg

a0208066_828257.jpg
   発売当時はインチ1万円と云われ、14インチで月給の1年分で変えない価格でした。

a0208066_8285127.jpg
        当時の洗濯機はピンチロールを手回しで洗濯物を絞っていました。
a0208066_8325035.jpg

a0208066_833177.jpg

a0208066_8375373.jpg

a0208066_835256.jpg
30年代後半になると家電類の普及はめざましく三種の神器と云われたテレビ。冷蔵庫、洗濯機を始め様々な家電機器が普及してそれまでの生活様式が激変した時代でもありました。
[PR]

by tosayosakoi | 2013-04-07 08:52  

<< 土佐路の山桜 早春の梅園 >>