トヨタ博物館シリーズ3


欧州車編1
トヨタ博物館には1986年、ベンツが初めて作ったと云われるベンツパテントモールヴアゲン2を始め数多くのアメリカを含む欧州車が収集されております。
1900年代に入るとイギリス、ドイツイ、タリアなど欧州各国とアメリカで新しい車が開発されて来ました。 今回は1930年台までの欧州車です。 
a0208066_422931.jpg
      1886ベンツパテントモールヴアゲン2(ドイツ)世界で初めてのガソリン自動車

a0208066_454427.jpg
1896年トディオプトン (フランス)初期の自動車は3輪車であったが、1900年代に入り4輪車が主流となった。

a0208066_4757100.jpg
             1901年オールズモビルカープトダッシュ(アメリカ)

a0208066_4211937.jpg
 1901年オールズモビルカープトダッシュ(アメリカ)大量生産システムにより1904年には年産5000台も達したと云われております。

a0208066_4251153.jpg
                    1902キャデラックA2(アメリカ)

a0208066_4302128.jpg
             1908年イソックフラスキーニーテイポ(イタリア)

a0208066_4325015.jpg
             1909年スタンレースチマーモデルE2(アメリカ)

a0208066_4342584.jpg
 1909年フォードT型初期モデル(アメリカ)大量生産システムにより1909年~1927年で1500万台以上生産されたと云れております。

a0208066_436155.jpg
1910年ロールスロイスシルバーコート(イギリス)ロ-ルスロイス社は1904年創社以来最高級車のみ作り続けている。

a0208066_4463769.jpg
 1912年キャデラックモデルサーティ(アメリカ)世界初のセルモーターによる始動機能を装備していた。

a0208066_440335.jpg
         1912年イスペノスイザアルフォンXⅢ(スペイン)

a0208066_4492968.jpg
                    1913年プジョーペペ(フランス)

a0208066_4522485.jpg
                   1913年ルノータイプD5(フランス)

a0208066_4535727.jpg
              1914年スタッツベアキャトF(アメリカ)

a0208066_4553549.jpg
1920デイムラータイプ45(イギリス) イギリスのデイムラー社製で、イギリス王室や各国の上流社会に愛用されて来たが第二次大戦後イギリス王室の御料車はロールスロイスになった。 写真お車はインドの藩王マハラジャが使用していた物である。

a0208066_458567.jpg
1922年モーガンエアロ(イギリス)1909年から1950年まで生産が続けられたロングセラー写真の車は1922年製

a0208066_502187.jpg
 1923年オースチンセブン「チャーミー」(イギリス)1923年から17年間で25万台も生産されたロングセラー車

a0208066_52775.jpg
                  1925年ミネラルバ30CV(ベルギー)

a0208066_541661.jpg
                  1926年フガッティ35B(フランス)

a0208066_554377.jpg
                 1929デューセンパーク「アメリカ)
[PR]

by tosayosakoi | 2013-09-15 05:09 | Comments(1)  

Commented at 2013-09-17 11:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< トヨタ博物館シリーズ4 トヨタ博物館シリーズ2 >>