涼を求めて渓流歩き


 連日の猛暑のなか、涼を求めて岐阜県中津川市にある付知峡と、岐阜県飛騨市の宇津江の渓流を歩いてきました。
幾つもの岩清水を集めて、渓流となり清らかな流れが水飛沫を上げながら岩場を駆け下る、時には数十メートルの滝となり水煙を上げながら滝壺めがけて落下する光景は、身震いするほどの涼しさを感じる。
 夏場でも渓流の水温は15℃以下で、涼しさを越え冷たささえ感じ、この水を口にすると、持参したミネラルウオータとは比べものにならない水の旨さ感じ渓流歩きの醍醐味を味わうことが出来ます。

a0208066_15303561.jpg

a0208066_1532132.jpg

a0208066_15331872.jpg

a0208066_1534393.jpg

a0208066_15361230.jpg

a0208066_1538226.jpg

a0208066_15395686.jpg

a0208066_15413017.jpg

a0208066_15425419.jpg

a0208066_1545582.jpg

a0208066_15502413.jpg

a0208066_1551856.jpg

a0208066_15524967.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2015-07-16 15:54  

<< 天下の奇祭「豊浜の鯛祭り」 あじさい園「あじさいの郷」 >>