豊浜たいまつり



天下の奇祭 豊浜鯛まつり
愛知県南知多町豊浜の鯛祭りは天下の奇祭りとして知られ、今年は7月23日~24日に行われました。
 この祭りは巨大な鯛の張りぼてを海に浮かべた後街中を引き廻しあとメイン会場の仮説の鳥居に激しくぶつけあう勇壮な祭りです。 明治18年頃、祭礼に興を添えようと「ハツカネズミ」の張りぼてをつくったのが最初といわれていその後 魚類になり、大正初期に「大鯛」に、昭和初期には胴内ではやしながら海に泳がせるようになりました。
 豊浜の象徴ともいえる『鯛祭り』、それは歴史と伝統の中で生まれ育ち、人々の心に深く刻み込まれた日本的な祭り文化です。
a0208066_1827428.jpg
         早朝から大鯛の巡行のため氏子さん達が準備に大わらわです。
a0208066_1830735.jpg
         祭りの開始です。
a0208066_18314727.jpg
          
a0208066_1834517.jpg
                海上パレードのあと、街中を引きまわされます。
a0208066_1834346.jpg

a0208066_18345318.jpg
 
a0208066_18514877.jpg
         
a0208066_18381652.jpg
          
a0208066_1840426.jpg
               海上パレードのあと、街中を引きまわします。
a0208066_18445915.jpg
               街中巡行の途中の酒盛りが、盛りあがります。
a0208066_18475521.jpg

a0208066_18492481.jpg
                    祭りの安全祈願の雅楽の奉納です。
a0208066_18525382.jpg
                      祭り広場に大鯛の勢揃い
[PR]

by tosayosakoi | 2016-08-01 18:53 | Comments(0)  

<< 名港水族館 花フェスタ記念公園薔薇園 >>