カテゴリ:未分類( 127 )

 

新美南吉記念館



 宮沢賢治と並び称される、童話作家新美南吉の生まれ故郷、愛知県半田市岩滑(やなべ)
に在る「新美南吉記念館」のレポートです。
 新美南吉(1913~1943)は半田市岩滑町に生まれ29歳と云う若さで亡くなったため作品数は少ないと云われているが、代表作「こん狐」をはじめ「手袋を買いに」「花のき村と
盗人」などの名作を残し、特に「ごん狐」は1989年国語教科書に採用され、現在も小学四年生用として使われております。
 作品の多くが南吉の故郷半田町岩滑を舞台に書かれていると云われ、「ごん狐」の子狐がが悪戯をしたと云われる、小川(矢勝川)は今では彼岸花の名所として300万本の彼岸花が咲き賑わっております。

a0208066_133606.jpg
 記念館は半地下式デザインされており、代表作「ごん狐」の住み家をイメージしているようです。
a0208066_13365089.jpg
        特別企画展「教科書で出会ったごん」が開かれておりました。

a0208066_13451740.jpg
          
a0208066_13462879.jpg

a0208066_13472928.jpg

a0208066_13491614.jpg
              館内は幻想的にレイアウトされておりました。

a0208066_14143636.jpg

a0208066_14153125.jpg

a0208066_14162057.jpg

a0208066_1417684.jpg
             ジオラマで南吉の童話の世界が表現されております。

a0208066_14201257.jpg

a0208066_1421076.jpg

a0208066_14212437.jpg

a0208066_1422671.jpg
                南吉の写真やブロンズ像も展示されております。

a0208066_1424211.jpg
                           南吉の生家

a0208066_14251715.jpg
                          南吉の養家
            
[PR]

by tosayosakoi | 2016-10-31 14:30 | Comments(0)  

知多半島矢勝川の彼岸花



 童話作家新美南吉の代表作「ごんぎつね」のものがたりの舞台になったと云われる矢勝川が今も流れております。 
 近くには新美南吉記念館もあって新美南吉顕彰会が「ごんぎつね」に因んで平成2年から矢勝川の堤に彼岸花を植えはじめ、今では300万本の彼岸花が咲き彼岸花の名所として賑わっております。

a0208066_1054024.jpg

a0208066_1064969.jpg

a0208066_1072580.jpg

a0208066_10192496.jpg

a0208066_107443.jpg

a0208066_1081071.jpg

a0208066_1093441.jpg

a0208066_1010357.jpg

a0208066_10123574.jpg

a0208066_10131648.jpg

a0208066_10152671.jpg

a0208066_1017991.jpg

a0208066_1018199.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2016-10-17 10:20 | Comments(0)  

尾張横須賀まつり



 東海市尾張横須賀の愛宕神社の例祭「尾張横須賀まつり」が今年も恒例通り第4土、日曜日に執り行われました。 本町組・北町組・公通組・大門組4つの町組から、それぞれ山車が曳き出され町内を巡航、辻つじでは山車を下ろさず、流さず、ぶつけずに回転させる「大どんてん」が祭りの最大の見せ場。若衆たちが各祭組の名誉と威信を見せて競い合いあっておりました。

a0208066_21114458.jpg

a0208066_21121564.jpg

a0208066_21123815.jpg

a0208066_21132014.jpg

a0208066_21483673.jpg

a0208066_21152145.jpg

a0208066_21163221.jpg

a0208066_21233421.jpg

a0208066_21173785.jpg

a0208066_21194189.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2016-10-02 21:49 | Comments(0)  

にっぽんど真ん中まつり 


 今年も「にっぽんど真ん中か祭り」が8月26日(金)~28日まで名古屋市久屋公園メイン会場とその周辺16会場で繰り広げられました。
「にっぽんど真ん中」まつりのルーツは土佐のよさこい祭りと、ソーランよさこい祭りにあるらしく1999年に始められ今年で17回目となりことしの参加チームは全国の各大学、地域チームなど207組にも及びます。
 設立当時の祭りへの参加ルールーは、鳴子を持つ事と、参加するチームの地元の民謡を取り入れる事だったようですが、最近は、サンバ・ロック・ヒップホップ・演歌・フラメンコ、フラダンスなどバラエティに富んでおり、正調よさこい踊りとは、若干異質なものになっているが、これも時代の流れかもしれません。
 今回は名古屋市の西隣にある東海市太田川駅会場寄りのレポートです。

a0208066_171432.jpg

a0208066_172772.jpg

a0208066_1723325.jpg

a0208066_174342.jpg

a0208066_1751022.jpg

a0208066_1763411.jpg

a0208066_177731.jpg

a0208066_178767.jpg

a0208066_179465.jpg

a0208066_1710398.jpg

a0208066_17102442.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2016-09-02 17:10 | Comments(0)  

名港水族館

a0208066_16332589.jpg

a0208066_16343282.jpg

a0208066_16351286.jpg

a0208066_1635364.jpg
a0208066_16361478.jpg

a0208066_1638713.jpg

a0208066_16385816.jpg

a0208066_16395457.jpg

a0208066_16402952.jpg

a0208066_1641176.jpg

a0208066_16413777.jpg

a0208066_1645879.jpg

a0208066_16421848.jpg

a0208066_1642535.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2016-08-15 16:45 | Comments(1)  

豊浜たいまつり



天下の奇祭 豊浜鯛まつり
愛知県南知多町豊浜の鯛祭りは天下の奇祭りとして知られ、今年は7月23日~24日に行われました。
 この祭りは巨大な鯛の張りぼてを海に浮かべた後街中を引き廻しあとメイン会場の仮説の鳥居に激しくぶつけあう勇壮な祭りです。 明治18年頃、祭礼に興を添えようと「ハツカネズミ」の張りぼてをつくったのが最初といわれていその後 魚類になり、大正初期に「大鯛」に、昭和初期には胴内ではやしながら海に泳がせるようになりました。
 豊浜の象徴ともいえる『鯛祭り』、それは歴史と伝統の中で生まれ育ち、人々の心に深く刻み込まれた日本的な祭り文化です。
a0208066_1827428.jpg
         早朝から大鯛の巡行のため氏子さん達が準備に大わらわです。
a0208066_1830735.jpg
         祭りの開始です。
a0208066_18314727.jpg
          
a0208066_1834517.jpg
                海上パレードのあと、街中を引きまわされます。
a0208066_1834346.jpg

a0208066_18345318.jpg
 
a0208066_18514877.jpg
         
a0208066_18381652.jpg
          
a0208066_1840426.jpg
               海上パレードのあと、街中を引きまわします。
a0208066_18445915.jpg
               街中巡行の途中の酒盛りが、盛りあがります。
a0208066_18475521.jpg

a0208066_18492481.jpg
                    祭りの安全祈願の雅楽の奉納です。
a0208066_18525382.jpg
                      祭り広場に大鯛の勢揃い
[PR]

by tosayosakoi | 2016-08-01 18:53 | Comments(0)  

花フェスタ記念公園薔薇園



 岐阜県可児市の花フェスタ記念公園は平成7年4月オープンした岐阜県営の都市公園で、敷地面積(80.7ha)広大な敷地に7.000品種およそ30.000株の薔薇が植えられ、「世界の薔薇園」と「バラのテーマーガーデン」の二つのゾーンに分けられ春/秋の花期には薔薇の花を楽しむ事が出来ます。

a0208066_1348892.jpg

a0208066_13484260.jpg
a0208066_13491013.jpg

a0208066_1349425.jpg

a0208066_13502213.jpg

a0208066_13505894.jpg

a0208066_13513815.jpg

a0208066_13524839.jpg

a0208066_13535282.jpg

a0208066_1355508.jpg

a0208066_13564394.jpg
a0208066_13572956.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2016-07-16 13:57 | Comments(0)  

モネの池


 「モネの池」って聞いた事がありますか? 今超人気の観光スポットで、元々は岐阜県関市の山間の神社の境内にある無名の池なのですが、2012年ある写真雑誌の、風景写真コンテストで、この池で撮った写真がグランプリ賞に選ばれ、新聞報道、テレビ放映、ネットなどで話題になり、人気が一気に拡散今年のゴールデンウイークには一日平均3000人もの観光客が訪れたとの事です。
 通称「モネの池」の由来は、この池の佇まいが、フランスの印象派画家、クロード・モネの自宅の庭にあった睡蓮池を描いた絵画「睡蓮」にそっくりと云うことで「モネの池」と呼ばれるようになったとの事です。
a0208066_6191886.jpg
 集落の外れにある根道神社の境内にある、広さ100平方メートルにも満たない無名の池が「通称モネの池」として脚光を
浴びております。
a0208066_6273524.jpg

a0208066_6293713.jpg
            早朝AM8:00頃より池の周囲は人垣で埋まります。
a0208066_6312541.jpg

a0208066_632012.jpg

a0208066_6343790.jpg
  
a0208066_6373035.jpg

a0208066_6383647.jpg

a0208066_6391795.jpg

a0208066_6402090.jpg

a0208066_6413526.jpg

a0208066_6454681.jpg

a0208066_651099.jpg
  湧水池のため、透明度が高く水温も年間を通じて14℃と云うことでオールシーズン情景を楽しむ事が出来ます。
[PR]

by tosayosakoi | 2016-06-30 06:56 | Comments(0)  

なばなの里チューリップ園


 なばなの里は花がテーマーのリゾート施設でチューリップ、花菖蒲、紫陽花、ヒマワリ、コスモス、など季節に合った花々が植えられている花園(一万三千坪)と梅園、花桃園、紅葉園等々、花を楽しむ植物園でもあります。
 その他園内には温泉施設やレストラン、日本料理店、地ビールの製造販売などもあり施設の総面積は数万坪に及ぶ巨大利リゾート施設です。
a0208066_7285819.jpg

a0208066_7293018.jpg

a0208066_7301697.jpg

a0208066_731932.jpg

a0208066_7315911.jpg

a0208066_73383.jpg

a0208066_7335152.jpg

a0208066_7344419.jpg

a0208066_7351794.jpg

a0208066_7363114.jpg

a0208066_7373372.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2016-06-16 07:38 | Comments(1)  

春の小川


 小学校唱歌の「春の小川」を思わず歌いたくなる昭和の原風景です。 今、どんな田舎に行っても区画整理された田んぼと、コンクリートで固められた小川では、メダカや小鮒など見ることが出来ません。
 名古屋港にある花の庭園「ブルーボネット」の園内に小川があってその岸辺には四季折々の草花が植えられ昭和の原風景を見事に再現しております。
a0208066_834388.jpg

a0208066_8342886.jpg

a0208066_8345849.jpg

a0208066_8352923.jpg

a0208066_8355413.jpg

a0208066_8364621.jpg

a0208066_8371967.jpg

a0208066_838218.jpg

a0208066_839291.jpg

a0208066_8392347.jpg

a0208066_8395194.jpg

a0208066_841082.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2016-05-31 08:45 | Comments(0)