<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

パソコンで創るフォトグラフィック2

 今回は、数枚のオリジナル写真のそれぞれの部分を切り出して、一枚の写真に仕上げる、比較的手間のかかる作品です。 「悪夢のシュミレーション1」「悪夢のシュミレーション2}は2009年作成したものですが、奇くしも昨年の東北大震災の津波を予言するようなリアルな作品に仕上がりました。 
  
  悪夢のシュミレーション1
a0208066_1915649.jpg

  上の作品のオリジナルです。二枚のオリジナルで作成しました。
 オリジナル写真の撮影地は、昭和21年東南海道地震で大きな津波被害に遭った三重県尾鷲市の港です。
a0208066_19155874.jpg


  悪夢のシュミレーション2 

a0208066_1937164.jpg


 地球温暖化20XX年} 地球温暖化で海面上昇が懸念されていることを念頭にシュミレートした作品です。
a0208066_1939576.jpg

 花のツインタワービル(名古屋駅)
a0208066_19424451.jpg

 花の創庫
a0208066_1946011.jpg

 自由落下
a0208066_19463947.jpg
 
 三日月の夜
a0208066_19473590.jpg

 夢のフライト
a0208066_19501424.jpg

 昇竜
a0208066_19505941.jpg

 海底の我が家
a0208066_19545582.jpg

 傾向の幻想
a0208066_19562039.jpg

 落ち葉の季節
a0208066_19574196.jpg

 
[PR]

by tosayosakoi | 2012-05-23 19:58  

パソコンで創るフォトグラフィック 1

  ここ数年パソコンで写真を加工するフォトグラフィックに、はまってます。  画像処理ソフト「フォトショップ」の様々な機能を幾重にも組み合わせて、オリジナル写真を非現実的にあるいは幻想的に、又絵画的に変化させていく過程が限りなく楽しく思える今日この頃です。 過去に創った作品をランダムに掲載したいと思います。

 カラクロ写真
     一旦モノクロ写真にに変換した写真の一部の色を復元してみました。

  にわか雨(中国斉南)
a0208066_8262224.jpg

  レストランの印象(ロサンゼルス)
a0208066_8291186.jpg

  街角のアパート(ロサンゼルス)
a0208066_8293134.jpg

  露店のスイカ
a0208066_8295855.jpg

  街のフラワーポット
a0208066_8354397.jpg

  至福のとき(中国青島)
a0208066_8363362.jpg


絵画調
   オリジナル写真を加工して絵画調にしてみました。 

  高原の夏
a0208066_8561430.jpg

   初夏の産廃置き場
a0208066_8565540.jpg

   激流
a0208066_8575884.jpg

   渓流
a0208066_92427.jpg

   雲海のかなたに・・・・
a0208066_932747.jpg

    ある光景
a0208066_945836.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2012-05-17 09:21  

今迄で使ってきた思いでのカメラ

  私のカメラ仲間には私を除いて裕福な人が多く、新しい機種が発売されるたびに購入し古いカメラをのお下がりが格安で私の手元に払い下げられると言う流れがいつの間にか出来ていたようでした。 そんな事情で薄給の身分ながら人並みにカメラ道楽が出来たのでしょう、

ニコンフォトミック昭和51年頃先輩より中古で購入ピントグラスが交換可能で左側方眼グラスとこうかんした、
a0208066_10485142.jpg

昭和54年頃 大須コメ兵で中古機127㎜レンズセットトで購入、フイルムパックが交換可能だったためモノクロ用カラー用のバックと65㎜広角と250㎜宙望遠レンズを別途購入、この頃ネイチャー者sんに夢中になる。
a0208066_11243038.jpg

昭和56年頃 仲間が新発売のF3を入手したので早速F2フォトミックの払い下げを受ける
a0208066_1055308.jpg

昭和59年頃仲間よりマミヤフォースマンプレス×9判を譲り受ける。フイルムパックの裏蓋の引き忘れで一日かけて撮影したはずの写真が露光されていない大失敗を幾度と無くやらかしてしまう。
a0208066_1131622.jpg

昭和62年頃友人宅で懐かしいヤシカシックスを発見譲り受けつっかてみるピントグラスが暗くピント合わせに難点あり
画面四隅の光量不足があった。
a0208066_113839100.jpg

平成3年頃ニコンF801私にとっては初めてのオートフォーカス機でした。
a0208066_11463868.jpg

平成3年頃写真を止めたと云う友人よりニコンF3及びFMを譲り受ける
a0208066_1149399.jpg

[#IMAGE|a0208066_11513025.jpg|201205/09/66/|mid|1004|669#
a0208066_14161178.jpg

 平成6年頃から順次デジタルカメラに切り替えフイルムカメラは殆ど処分したが、現有機種としてニコンFM2
ニコンF3 マミヤRBプロS yasikaシックスのみとなった。

 次回はデジカメです。
[PR]

by tosayosakoi | 2012-05-09 12:23  

今迄使ってきた想い出のカメラ1

写真の趣味も60年近くになると今迄使ったカメラの機種もフイルムカメラだけでも17機種を越えたが、現在手元に残っているのは5機種だけ、しかし一度でも手にしたカメラには哀愁に似たものを感じるもので、カメラメーカー等のホームページを見るとカタログが残っていたりして、私が使用した全機種の画像を入手することが出来たので紹介します。

マミヤマミー(ボルタ判

 昭和28年(1963)頃私が初めて入手したカメラで距離計、露出計は無く全くの感頼りのカメラで、フイルムは35㎜フイルムにブローにフイルムと同じように裏紙付きで
24枚摂りだった記憶があります。
a0208066_7574353.jpg

ウエルミー6×6判スプリングカメラ
 昭和32年(1967)先輩からブローニーフィルムを使うウエルミースプリングカメラを譲り受ける。この頃から距離計は二重像合致式と云う方式でファインダ内の虚像と実像が一転で合致した点でピントが合うようなシステムでした。
a0208066_3224016.jpg

オリンパスAuto Eue35㎜
 昭和35年(1960)この頃になると露出計、距離計付きのカメラが発売されるようになり露出計はセレン光電池を使いファインダー内の露出計の指針に絞値又はシャッター
速度を設定する半自動の露出計でした。
a0208066_3245327.jpg

ニコフレックス(ライカ判)
昭和38年(1963)頃私にとっては初めての一眼レフでしたがレンズは交換できない上ミラーのクイックリターン機能が付いていないため、シャッターを切る毎にファインダーが暗転し、フイルムの巻き上げ時にミラーが復元すとる云う代物でした
a0208066_3264912.jpg

ミノルタSRT101(ライカ判)
 昭和42年(1967)標準出付いていたロッッコール55㎜F1.4のレンズはとても明るくシャープで当時のISO100のフィルムでも室内撮影も楽だった記憶が有ります。
また、露出計も追針式のため露出補正もファインダ内で処理が可能でした。
a0208066_3284023.jpg

ミノルタXE
 昭和44年(1974)このカメラはSRT101よりボデーが一回り大きく重量感があり
また、カメラを持っていると云う存在感もあり、操作性も良く手に馴染む間隔がお気に入りのカメラでした。
a0208066_3293635.jpg

ミノルタXD   昭和47年(1977)
    ミノルタカメラの操作性とシャッター音が気に入ってXDも買ってしまいました
  ボデーはXEよりやや小振りだったような気がしましたがやはり使い勝手は良かったです。
a0208066_331361.jpg

[PR]

by tosayosakoi | 2012-05-02 03:33