<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

東南アジア旅行レポート


カンボジアトンレサップ湖1

 トンレサップは、カンボジアに位置する湖であり、河系と結びついている。東南アジア最大の湖であり、クメール語で巨大な淡水湖 (sap) と川 (tonlé) という意味がある。一年のうちほとんどの期間、水深は1mに留まり、面積は2700平方kmしかない(このためプノンペンとシェムリアップを結ぶ定期船が暗礁に嵌りかける場面がよくある)。形状はひょうたん形である。しかし、夏季のモンスーンの時期には湖からプノンペン付近でメコン川に流れ込むトンレサップ川が逆流する。そのため周囲の土地と森を水浸しにしながら面積は1万6000平方kmまで拡大して深度も9mに達する。淡水魚には陸上植物起源の有機物が豊富に供給され、また多量のプランクトンが発生する、このような一時的水域で繁殖するものが多いため、魚が大量に発生する。体重100kgを上回るメコンオオナマズ やフグなど600種類以上の淡水魚が生息する。雨季の終わりには水が引き、繁殖を終えた魚は川下に移っていく。トンレサップ水系で採れる魚は、カンボジア人のたんぱく質摂取量の60%を占める。 世界最大の水上生活者がくらし、1ブロック1万人、100ブロック以上100万人が住む。 (ウィキベディアフリー百科事典より転載)
a0208066_18491218.jpg


a0208066_1849498.jpg
               人工衛星より見た湖上の集落の一部(グーグル地図より転載)

a0208066_1913366.jpg
               湖上より見た観光クルーザ船の船着き場

a0208066_1924888.jpg
               湖上に着きだした物資専用の船着き場 

a0208066_19104354.jpg

a0208066_19114554.jpg

a0208066_19122438.jpg
      湖上ですれ違った観光クルーズ船とクルーズ船目当てに飲み物などを売る
     小舟がやって来ます。 

a0208066_19205586.jpg
          船着き場から10分ほどで水上の集落が見えてきました。

a0208066_19242625.jpg

a0208066_19262150.jpg

a0208066_19315155.jpg

a0208066_19294138.jpg
  トンデサップ湖は乾季と雨季の水位の差が大きいため、高床式の家屋はなく殆 どが屋形船形式か、ドラム缶などのフート上に家屋を建て水位の変化に対応出来るようにつくられている。  集落の背後にある林は陸地のように見えるが乾季でも殆どの木の根は水没していて雨季になると半分ほどの高さまで水位があがると云う

a0208066_19381551.jpg

a0208066_1939239.jpg

a0208066_1939291.jpg

a0208066_19452961.jpg

a0208066_19402144.jpg
ここの住民の殆どが漁業に従事しており住まいの一角で漁網の手入れに余念のない漁民達、住まいの床下は生け簀になっており養殖ナマズが泳いでいました。


a0208066_19472865.jpg

a0208066_19472532.jpg
        日本でもお馴染みの雷魚や、巨大なナマズなども水揚げされていました。


     次回は10月10日です。





      
[PR]

by tosayosakoi | 2012-09-29 19:49  

東南アジア旅行レポート1


メコンデルタクルーズ3

 メコンの豊かな流れは上流から流されてきた肥沃な堆積物で広大な扇状地を形成しアジア一の穀倉地帯と言われるメコンデルタに暮らす人々の生活と水との関わりは、農産物や生活必需品の輸送から、日々の生活用水まですべてメコン川の恩恵を受けて居ると云っても過言ではないと思う。

a0208066_15561855.jpg

a0208066_1557403.jpg

a0208066_15575570.jpg

a0208066_15582534.jpg
a0208066_1559276.jpg
          野菜洗い、洗濯、沐浴まで全てこの流れを利用している。

a0208066_1642186.jpg
        ここよりも更に水路の奥に向かう日用雑貨の品々を満載した行商の小舟

a0208066_1692971.jpg
             集積所に向かうバナナを満載した小舟

a0208066_1613064.jpg
         買い物にでも出掛けるのかしゃれた、日傘のうしろににもう一人

a0208066_16172261.jpg
          すれ違った小舟には肥料が積まれていました。

 私たちを乗せた小舟は川幅10メートルにも満たない狭い水路を進んでで行きます。 両岸はニッパヤシの葉や巨大なホテイアオイが生い茂り、私にとってはまさに熱帯の秘境でした。   そんな狭い水路にも農民達の小舟がさまざまな荷物を積み行き交っておりました
a0208066_172497.jpg
          狭い水路に架かる人道専用の橋が見えます。
a0208066_16412931.jpg

a0208066_16425334.jpg

a0208066_16433266.jpg
         水路は陸の道路と全く同じで頻繁に小舟が行き交います。
a0208066_17342629.jpg

a0208066_16441551.jpg
   こんなに狭い水路にも所々に船溜まりがあって荷物の積み替えなど間行われていました。

a0208066_16461892.jpg

a0208066_1648760.jpg


 次回は9月30日(日)です。 カンボジアのレポートです。
[PR]

by tosayosakoi | 2012-09-19 17:31  

東南アジア旅行レポート1


メコンデルタクルーズ2
 上空から見た訳ではないが、メコンデルタは幾つもの支流と網の目のような水路に分断され、無数の小島から成り立って居るのではないかと想像する。
 堆積物で形成されたメコンデルタ陸地は軟弱で標高も数㍍しかなく、雨期になると川岸は自然崩壊と造成が繰り返され島の形が変わるのも珍しくないと云う。
この辺りまで来ると陸路は殆どなく、せいぜいバイクが走れるほどの路幅しか無く物資の輸送は水路に頼るかないのが実情で中型の運搬船や農産物を満載した小舟頻繁に行き交っていた。


a0208066_2455271.jpg

a0208066_2462499.jpg
   上流域に入ると両岸には熱帯特有の椰子や、その他の熱帯植物が生い茂っていました。

a0208066_249104.jpg

a0208066_2495370.jpg

a0208066_2503723.jpg

a0208066_2514624.jpg

a0208066_253036.jpg
 自然の幹線水路は物資を満載した、さまざまな船が行き交い重要な物流ルートになっている。 

a0208066_3143857.jpg
ところどころに船溜まりがあって物資の積み替えが行われ、水上の物流ターミナルの様でした。  

a0208066_3201948.jpg
 
a0208066_3205097.jpg

a0208066_3213133.jpg

a0208066_3221076.jpg
上流部では高床式の住宅はだ無く、広々とした敷地に大きな家が建ち農村部の豊かな暮らしぶりを感じました。

a0208066_3291924.jpg

a0208066_3294260.jpg
     陸路は広くても幅2メートル程しか無く、やっとバイクがすれ違える程度でした。

次回更新は9月20日を予定しております。
[PR]

by tosayosakoi | 2012-09-10 03:36