<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

パソコンで創るフォトグラフィック作品展 


 恒例となりましたパソコンで創るフォトグラフィック作品展(個展)は今年で9回目を迎え、愛知県知多市の夢屋書店ギャラリーで1月元旦~10日まで開催します。作品展出品作品をブログにて3日に分けて公開しますのでご高覧下さい。
a0208066_19565999.jpg

a0208066_19574136.jpg
                           会場スナップ

  今年のテーマー「黒の幻想」は、デジカメで撮影した写真をパソコンの画像加工ソフトで、複数のオリジナルを合成、その他の機能を駆使して、フォトグラフティーとして表現したもので、素材のイメージとは全く違ったイメージを創作したものですが写真愛好家の皆様から観れば、写真にして写真にあらずの感が有ろうかと思いますが、新しい写真の表現方法として鑑賞して頂ければ幸いです。

a0208066_2081976.jpg
                            3Dシアター

a0208066_2010151.jpg
                           夢のフライト

a0208066_20115832.jpg
                            秋の川

a0208066_20125877.jpg
                          光のファンタジー

a0208066_20173817.jpg
                            秋の広場

a0208066_20184345.jpg
                           星空のワルツ

a0208066_20215398.jpg
                         トリトンブリッジの花火

a0208066_20254454.jpg
                            人魚姫の想い

a0208066_20283095.jpg
                              旅立ち

a0208066_20304783.jpg
                             放浪の旅人


                             
[PR]

by tosayosakoi | 2012-12-31 20:40 | Comments(3)  

中国の旅


中国青島の裏町
 青島市は渤海湾沿岸にあり、中国の重要な港湾都市であると共に、中国海軍の北海艦隊司令部などがあり、また、ハイテク産業やその他の製造業も盛んな、人口約850万人の都市です。 かつてはドイツのモデル植民地として(1889年~1922年)支配し街並みや街路樹、上下水道、建物が整備され、今でもドイツ風の建物が数多く残されている。 
 9月に起きた反日デモで焼き討ちされたイオングループのジャスコなど日本企業の進出もあり、名古屋(中部空港)からの直行便もあります。

a0208066_16521162.jpg

a0208066_16541977.jpg
   かつてドイツの植民地時代の街も今は青島市民の集合住宅のような形で残されている。
a0208066_16561062.jpg

a0208066_16565366.jpg

a0208066_16572916.jpg

a0208066_16575285.jpg
   ドイツの植民地時代の高級住宅街も100年の時を経て今は庶民の住む集合住宅になっている。
a0208066_170133.jpg
            縁台将棋? 中国の街ではよく見かける光景です。
a0208066_1714353.jpg

a0208066_1734933.jpg
                      ゲームに熱中する子供達です。
a0208066_1741615.jpg
                  子供達からは、反日は感じませんでした。
a0208066_178940.jpg

a0208066_1785353.jpg

a0208066_1785217.jpg
           中国の食文化?何でも食べます。アヒルの頭のようです。
a0208066_1794299.jpg
              街の肉屋さん、、どこに行っても塊で売っています。
a0208066_17134936.jpg

a0208066_17142795.jpg

a0208066_17144913.jpg

a0208066_17153020.jpg
     中国ではどこに行っても歩道や書道まで商品を並べて営業しております。


 
[PR]

by tosayosakoi | 2012-12-19 17:02 | Comments(4)  

中国山東省の旅


済南の下町
 
  中国では、どこの街でもそうだが表通りから通りを一、二本入れば数十年もタイムスリップしたかのような古い街並みと生活があります。 今回は、中国済南市の裏町をレポートします。
済南市は、北京の南東約450㎞中国山東省の省都で、副省旧の都市(日本で云う政令都市)で人口は670万人、製造業や農業が盛んで、特産の商河ニンニクは国際的のも有名だそうです。

a0208066_1632488.jpg

a0208066_1622360.jpg

a0208066_1635077.jpg
        下町の商店街です。 日本の昭和時代を思い起こさせます。

a0208066_1661982.jpg

a0208066_1665065.jpg
            商店街の片隅では、戸板の上に商品を並べて売っていました。

a0208066_169563.jpg

a0208066_1695869.jpg
            日本でも昭和三〇年代初頭にはこんな風景もありました。

a0208066_16123269.jpg
                蒸し器専門の曲げわっぱ屋さんです。

a0208066_1613817.jpg
           昔懐かしの鋳掛け屋さんです。子供の頃によく見かけましたね。

a0208066_1618829.jpg
ブ          リキ屋さんの店先には換気用のダクトも並べていました。

a0208066_16193640.jpg

a0208066_16201158.jpg
            路上が鉄工所の作業場に、日本では考えられない光景です。

a0208066_16225841.jpg

a0208066_16232688.jpg

a0208066_1629365.jpg


a0208066_16305793.jpg

a0208066_1632090.jpg
                 一昔前の日本の路地裏風景が有りました。

a0208066_16323728.jpg
                   青年のグループが壁新聞を造っておりました。
[PR]

by tosayosakoi | 2012-12-09 16:27 | Comments(0)