<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

トヨタ博物館シリーズ2

自動車の戦後復興時代

 1950年代末から1960年代に掛けて日本の自動車産業は復興の兆しを見せ乗用車も生産されるようになり、1955年トヨタが本格的乗用車クラウンを発売、ニッサンがイギリスのオースチン社の乗用車を・日野自動車がフランスのルノーイタリアのコンテッサなどをライセンス生産、その後ニッサンも自前のダットサンブルーバードを発売、オート三輪の
マツダ(東洋工業)もマツダクーペーを発売するなど日本の自動車産業の幕開け時代となった。 1950年代後半から1960年代までの記憶に残る代表的な車を紹介します。

a0208066_1472384.jpg

a0208066_1474042.jpg
           1955年 初代トヨタクラウン 戦後初の本格的乗用車

a0208066_1410789.jpg
                    1955年 ニッサンオースチン 

a0208066_1417229.jpg
                     1957年 初代トヨタコロナ

a0208066_14201583.jpg
       
a0208066_14211281.jpg
  1961年 初の国民車として発売されたパプリカ当時の発売価格386.000円 大卒初任給は14.800円 国民車とは云え庶民には高根の花であった。

a0208066_1426721.jpg
          1961年マツダR360クーペー(東洋工業)初の四輪車(軽自動車)

a0208066_1430198.jpg
     1961年 日野コンテッサタクシーの多くがこの機種で有ったような記憶が有ります。

a0208066_143451100.jpg
       1962日野ルノー 日野自動車が生産したフランスのルノーのライセンス車

a0208066_14422055.jpg
                      1963トヨタクラウン二代目

a0208066_1446569.jpg
                      1963年 ダットサンブルーバード
a0208066_14532759.jpg
                     1964年 ホンダスポーツS600
a0208066_1455135.jpg
                      1964年 トヨタスポーツ800

a0208066_1505346.jpg
     1966年 ホンダN360 ちなみに私が初めて購入したのがこのホンダN360でした。
a0208066_153658.jpg

     1966年 トヨタカローラ
a0208066_155566.jpg
                       1964 ニッサンサニー
 この頃になると日本は高度成長期に入り、我々庶民にもどうにか手の届く時代になりました。

a0208066_159316.jpg
                1967年 日本の最高級車トヨタセンチュリー発売

a0208066_15133550.jpg
 1967年 プリンススカイラインGT 日本の自動車史に残る名車?と云われマニアの間では高額で取引されているとか・・・

a0208066_15172040.jpg
a0208066_15175116.jpg
        1967 マツダロータリークーペ 世界唯一のロータリーエンジン搭載車


   次回からはは欧州車シリーズです
[PR]

by tosayosakoi | 2013-08-31 15:24  

トヨタ博物館シリーズ


  世界と日本の代表的な自動車を収集、展示しているトヨタ博物館をフォトレポート
します。
この博物館には、19世紀末(1886年)ドイツで開発された現代自動車の原形とも云える「ベンツ パテント モトールヴァーゲン」のレプリカを始め20世紀に入り急速に発達した自動車の中から世界の代表車と日本で作られた120台の自動車が展示されおり、何回かのシリーズに分けて、順次レポートしたいと思います。


日本の自動車の歴史
 今回は、日本で初めて乗用車が作られた1904年から1960年まで年代を追って紹介します。

a0208066_741955.jpg
                        トヨタ博物館正面玄関
a0208066_76155.jpg
                          博物館へのアクセス
a0208066_7114869.jpg

a0208066_712367.jpg
                            展示場
     展示場は外国車、日本車が年代別に幾つかのブースに分けられ展示されている。
a0208066_7193072.jpg
                     国産吉田式タクリー号(模型)1904年
            展示説明によると、国産初のガソリン自動車で10台ほど作られた
a0208066_7331662.jpg
                       東京市営バス(模型)1924年
               東京大震災後東京の街を走った11人乗りのバス
a0208066_7395940.jpg
                        オートモ号(模型)1925年
         約300台生産され、一部は上海に輸出され国産初の輸出車となった。
a0208066_74623100.jpg
                       シボレーフェートン日本製1929年
a0208066_7502731.jpg
                        フォードA型1929年
  共に有名なアメリカ車ではあるが、日本製と表記されていたのでこの時代からライセンス生産はあったようです。
a0208066_7594140.jpg
                        TEGトラック(模型)1931年
  1931年東京瓦斯電気工業(株)製、軍用トラックとして1937年まで生産された。
a0208066_871548.jpg
                           筑波号1935年
  1935~1938年東京自動車(株)によりセダン、幌型、トレックの3車種130台が生産された、国産初の前輪駆動車であった。
a0208066_8121533.jpg
                         トヨタAA型乗用車1936年
   トヨタ初の生産型乗用車で1404台生産されたとある、当時の価格で3.350円、今のお金に換算すると?
a0208066_820828.jpg
                           ニッサンダットサン1936年
 展示説明には1935年から、ベルトコンベアー上で大量生産され一斉を風靡した小型自動車の題名品もなったとの事、戦前の私の記憶では田舎の村でも診療所の医師とか大地主とかが乗っていました。

戦後復興期
 トヨタ博物館で日本車の歴史を見ると1940年から1950年までの10年間国産車に新規発売された車はなかったのか、展示車がみあたらず1950年代に入ると日本の自動車産業も戦後復興期に入り、トヨタ、ニッサン、東洋工業、ダイハツ。三菱などの各メーカーが戦後復興の兆しが見え始め街に車の姿がぼつぼつ見え始めた。

a0208066_8294787.jpg
                        三菱スーパービジョン
a0208066_8302022.jpg
                           BSモーター
  戦後自動車の生産に先立ってバイクが数多く生産され博物館に展示されていない機種も多く、普通の自転車にエンジンを取り付けゴムロールで車輪のリムを開展さす簡易的ものもあったと記憶している。

a0208066_843335.jpg
                           薪(木炭)トラック
  展示説明には薪自動車とあるが、助手席後ろにあるガス発生器に木炭を入れてガスを発生させエンジンを回していた、当時は木炭トラックと詠んでいた、木炭バスもあり、車の後部に大きなガス発生路が付いていた。坂道を登り切れない事もしばしばあった記憶が有ります。
a0208066_851872.jpg
                 マツダオート三輪1954年
 この頃は東洋工業(マトダ)、三菱、(みずしま号)ダイハツなどのオート三輪のじだいであった。
a0208066_8563025.jpg
                        ダイハツミゼット1959年
           小型軽量で爆発的な人気で、街中で見かけられた。
a0208066_903989.jpg
                       トヨタハイエース1959年
a0208066_95298.jpg
                    富士重工スバル360 1958年

a0208066_993469.jpg
                トヨタボンネットバス1950年代後期
[PR]

by tosayosakoi | 2013-08-15 09:12