<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ベトナム旅行記 3

size="2">
ホーチミンの朝市

 ベトナム旅行記シリーズ連載中先回、ベトナムとインドの庶民の暮らしぶりの違いを理解して頂くため突然インドの裏町のレポートに急遽変更しましたが、今回からは再びベトナムのレポートに戻ります。
 外国旅行に於いて、街歩きをするとその国の庶民の生活振りや、貧富の格差が解ります。 私が今ま行った東南アジア諸国と中国、インドと比較してベトナムでは貧富の格差をあまり感じることはありません。 食料品などの物資も豊富で街の朝市などでも野菜や果物、魚や肉類も、山積み状態で売られており、そこで売り買いする人々の笑顔と活気が印象的でした。


a0208066_1917583.jpg
        早朝ホテルの屋上から朝市らしいテント村を見付け早速行ってみました。
a0208066_19204778.jpg

a0208066_19223661.jpg

a0208066_20103362.jpg

a0208066_1924890.jpg

a0208066_19314257.jpg
 
a0208066_1926268.jpg

a0208066_1927286.jpg
野菜や果物の種類も多く、日本でお馴染みの野菜や果物が山積み状態で売られていました。
a0208066_1932103.jpg

a0208066_19335548.jpg

a0208066_1935201.jpg
          肉類も多く鶏やアヒル、豚肉などが売られています。
a0208066_19382348.jpg

a0208066_1939168.jpg

a0208066_19404514.jpg
    売られている魚は淡水魚がほとんどで、海水魚は、ほとんど観られませんでした
a0208066_19442619.jpg
                     こちらは花屋さんです
a0208066_19501157.jpg
                        i衣料品のお店です。
a0208066_2025915.jpg

a0208066_2031682.jpg
                      駄菓子や玩具のお店もあります。
a0208066_2074823.jpg
                 朝市は簡易食堂もあってたいそうな賑わいでした

次回更新はは4月16日を予定しております




[PR]

by tosayosakoi | 2014-03-31 19:50  

インドの裏通り


インドの裏通り
 海外旅行において、名所旧跡や、観光地巡りでは素の国の豊かさや貧しさ、そこに住む人々の生活は見えてきませんが、裏町や下町を歩きますとその国の本当の姿が見えてきます。
 ベトナム旅行シリーズ連載中、突然ですが今回はインドの裏通りをレポートします。先回のベトナムの裏町は、そこに暮らす人々の活気と子供達の笑顔に溢れていましたが、インドの裏町はそれとは対照的にそこに住む人々貧しさ故の無気力な表情がもの悲しく感じてきました。

a0208066_2171971.jpg

a0208066_2175878.jpg

a0208066_2182862.jpg

a0208066_2191155.jpg

a0208066_2262184.jpg
    
a0208066_2205126.jpg

a0208066_2195414.jpg

a0208066_325074.jpg

a0208066_2293813.jpg

a0208066_2305082.jpg

a0208066_2311430.jpg

a0208066_2334458.jpg

a0208066_235533.jpg

a0208066_2364661.jpg

a0208066_2373429.jpg

a0208066_238446.jpg


インド/ベトナムの裏町を歩いて感じることは、まずベトナム最大の都市ホーチミンでも地方都市のフェ市近郊でも貧富の差を感じることは無く食料品などの物資も豊富で、貧富の格差もあまり感じることも無く治安も比較的良く、裏町通りを歩いてもあまり身の危険を感じませんが、インドの裏町は食料などの物資も乏しく、著しく貧困で治安も悪く、時折身の危険も感じる程でした。 
国ベースの経済力はベトナムより遙かに豊か筈ですが、庶民の生活は裏腹に貧しく貧困以下の生活を強いられている人々は国民の25パーセントにも及ぶと云われておりますが、この要因には紀元前五世紀から続くカースト制による差別ににあると云われておりまs。



 連載中のブログについて、インドの旅の補足説明をさせて頂きたいと思いますが、専門的な知識がありませんので、素人が見たままのレポートになりますので偏見や誤解があるかもしれませんのでご了承下さい。

   インドについては今まで私が行った、いわゆる開発途上国と云われる国々 (インド、インドネシア、カンボジア、ベトナム、中国)などの中でも貧富の格差が大きいため庶民の生活は貧しく、貧困以下の生活を強いられている人々が国民の25パーセントにも及ぶと云われております。 従ってインフラ整備 を含む、生活のための安心安全の施策が全く見受けられません。

下水道が整備されていない為、生活汚水は路地裏のあちこちに照れ流し、宗教上のr理由で牛が聖牛として扱われているため、牛が町中放し飼いにされているため牛の糞は至るとこるに排泄されており  又インドではトイレの普及率は26パーセントユニセフ2006統計)と云われ、特にアウトカーストと云われる 人々はトイレの設備もなく早朝広大な更地のあちこちで用便を足している姿が散見出来ます。

  街中の整備も全くされておらず裏町を歩く際には、路の端を歩くと人糞を踏んづける羽目にも成りかねないのが実情で表通りを歩いても至る所にゴミが山 積されており、また、河川整備も全くなされておらずニューデリ市内の河川は河川敷にも近づけない程、悪臭を放つており汚水が流れておりました。

  この国には日本のような生活保護法が無いのか、食を求めて街を徘徊する人 々で溢れている、旅行者が車から降りると物乞いの子供や女が群がってくるこ

 れがインドの現実のようであります。
  いろいろな国を観て歩いて、感じましたことは日本の云う国のすばらしさの再認識しました、社会保障制度、インフラ整備、災害への対応、案示威、安全の施策どれをとっても世界に誇れる国だと思いまそ。



次回更新は4月1日を予定しております
[PR]

by tosayosakoi | 2014-03-16 02:39  

ベトナム旅行記 2


 フエの裏通り
  ベトナムの古都フエには世界遺産に登録されている.ベトナム王朝時代の王宮フエ皇城があり人口は33万人、市街地はフオンザン河を挟んで新市街と皇城のある旧市街に分かれており皇城のある旧市街の路地裏を散策して来ました、路地裏通りは、なぜか昭和の日本の路地裏通りを思想い起こさせるような雰囲気があり、そこに住む住民たちは外国人に好意的で臆することなく撮影することが出来ました。

a0208066_3554019.jpg
        フエはベトナムのほぼ中央にあり、ベトナム戦争の激戦地の一つでした。
a0208066_3563648.jpg
 
a0208066_3572833.jpg

a0208066_4454060.jpg

a0208066_3582178.jpg

a0208066_411878.jpg
             裏通りに住む人々の絆や連帯感を感じます。

a0208066_433384.jpg

a0208066_435921.jpg

a0208066_442964.jpg
             間口一間半ほどの住まいが軒を連ねております。

a0208066_474860.jpg

a0208066_482473.jpg

a0208066_412082.jpg

a0208066_4143780.jpg
    昭和30年代の日本の路地裏を想いださせ、なにか懐かしさも感じさせる光景でした。

a0208066_4173251.jpg
              ファミリーでお出かけ?4人乗りバイクです。

a0208066_4202022.jpg
              路地の狭い所は道幅1メートルほど・・・・

a0208066_4241557.jpg
       食事をとりながら家の外壁にわずかばかりの衣料品をならべて売てます

a0208066_4261721.jpg
             お金をかけてトランプゲームに興じています。

a0208066_428733.jpg
            日本の屋根神様のような小さな祠が、所々に祀って降ります。

a0208066_4322777.jpg
             軒先で営業している床屋さんです。  

次回更新は3月16日を予定しております。


ホムペー時もご覧下さい http://www.medias.ne.jp/~yosakoi/index.html
               
[PR]

by tosayosakoi | 2014-03-01 04:35