<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

第11回「パソコンで創るフォトアート展」1


 「パソコンで創るフォトアート展」は、今年で11回目を迎えル事が出来増した、これも皆様方のご支援の賜物と心より感謝致しております。  この11年間同じ会場で、同じ期間開催し、今では地域の恒例の行事として
多くの方々のご光臨をいただき心から感謝致しております。
 ここにブログ版パソコンで創るフォトアート展」を公開致しますが、一部作品につきましては、昨年7月~8月頃、発表した作品も御座いますが、ご了承ください。

a0208066_18412164.jpg
                                作品展ポスター
a0208066_18431949.jpg
                           作品展会場「夢屋書店
a0208066_18441468.jpg
                         書店入り口のポスター
a0208066_18465487.jpg
                         ギラレリー展示場
a0208066_19215050.jpg
     幻想の森

a0208066_19225361.jpg
                         妖精の棲む森
a0208066_19261756.jpg
                           妖精の森
a0208066_1927415.jpg
                    森の夜の案山子達
a0208066_19314366.jpg
                          スミレ
a0208066_19323873.jpg
                          チュウリップ
a0208066_1934653.jpg
                            ルピナス
a0208066_1934648.jpg
                              神楽1
a0208066_19351233.jpg
                             神楽2
a0208066_19394185.jpg
                               渦
a0208066_19401581.jpg
                       水玉に乗ったネコ」
a0208066_19423161.jpg
                        沼の出来事
a0208066_19444788.jpg
                        マンタショー
a0208066_19493751.jpg
                      空飛ぶ絨毯
  
   次回に続く 1月16日更新予定


[PR]

by tosayosakoi | 2014-12-31 19:46 | Comments(1)  

銀杏の黄葉


 愛知県稲沢市の特産に銀杏があります。この銀杏の生産地祖父江地区(旧中島郡祖父江町)には
昔から防風林として神社仏閣や屋敷林などに銀杏が植えられ、銀杏林が町の各所に点在します。
 明治になってこの銀杏の実を名古屋に出荷しのが始まりで、今では「祖父江ぎんなん」ブランドで地区の 特産品として全国に出荷しております。 銀杏の実の収穫は9月~10月ですが、11月下旬になると銀杏の葉が黄色く色づき観光スポットとして「いちょう祭り」などのイベントも開かれ観光客で賑わいます。


 ご感想など頂ければ幸いです。  Email:yosakoi@ma.medias.ne.jp

a0208066_1933401.jpg
              町の至る所に銀杏林が点在します。    グーグル航空写真より
a0208066_19385510.jpg

a0208066_1938915.jpg

a0208066_19395466.jpg
              銀杏の黄葉と晩秋の空の碧さのコントラストが美しい。  
a0208066_19405253.jpg
          銀杏の落ち葉にこぼれ陽が作るアクセントが美しい。

a0208066_19505910.jpg

a0208066_19514116.jpg

a0208066_19523661.jpg


a0208066_19552983.jpg

a0208066_19583741.jpg

a0208066_19585668.jpg

a0208066_2001128.jpg

「祖父江ぎんなん」

 
a0208066_2093594.jpg
             銀杏の実は9月下旬から10月下旬に掛けてが収穫期です。
a0208066_2059160.jpg
             木の下にネットを敷き詰め実を落とします。
a0208066_2133370.jpg
             集められたぎんなは袋に入れられ加工場まで運ばれます。
a0208066_2121029.jpg
    皮むき作業が終わったぎんなんですが、皮むきの作業は見ることが出来ませんでした。
a0208066_2145077.jpg
             町の随所に生産直売のお店が出ています。
a0208066_2163834.jpg
 箱詰めされた「祖父江ぎんなん}です。 500㌘ 700円~1300円くらいで販売しておりました。
[PR]

by tosayosakoi | 2014-12-15 20:01 | Comments(1)