彼岸花の咲く頃


 今年も彼岸花の咲く頃がやってきました。 彼岸花は西日本の温暖な地方では9月20日前後には必ずと云っていいほど見頃を迎えます。
 ここ、稲沢市にある国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザの河川敷にある林の中では、今を盛りと数千本の彼岸花が咲き誇っておりました。
 彼岸花は南は沖縄から北海道まで全国の田んぼのあぜ道や、小川の岸辺、山裾の木立の中など至る所で観ることが出来る、秋の花の代表ですが、花の名前と有毒性の植物である故、あまり親しまれない面もあります。
 一般的には彼岸花・曼珠沙華と呼ばれいずれも仏教に由来する名前らしい、その他異名も多く、調べてみると、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)等々あまり縁起の良い名前でないのでそれ故、親しまれない花かも知れません


a0208066_9324986.jpg

a0208066_9334469.jpg

a0208066_9341963.jpg

a0208066_9344199.jpg

a0208066_935435.jpg

a0208066_9352923.jpg

a0208066_9375343.jpg

a0208066_9381799.jpg



彼岸花の想い出

 彼岸花と云っても花そのものではなく、彼岸花の球根の想い出です。
小学2年生(昭和19年)の頃だったと思います。 朝礼で校長先生が君たちもお国のために勤労奉仕でホゼの根(彼岸花の球根)を掘って持ってきて下さい」と云うお話があり、その日から毎日の様に全校生徒は、放課後集落毎に集まり彼岸花の採取にかり出され、田んぼのあぜ道や小川の岸辺を歩き球根堀に精出したものでした。
 冬枯れのあぜ道に彼岸花の葉は青々と茂り見付ける事は容易ですが、堀上げた球根を小川の水で土を洗い流す作業が大変で、かじかんだ小さな手で半泣きになりながら作業をした想い出は、忘れることは出来ません。

※彼岸花は(アルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモ)を含む有毒植物ですが、毒性は水溶性のため長時間水にさらせば無毒化されるらしく、昔か救飢食物として利用され、第2次世界大戦においても利用されたとの文献もあります。
[PR]

# by tosayosakoi | 2015-10-01 09:36  

彼岸花の咲く頃


 今年も彼岸花の咲く頃がやってきました。 彼岸花は西日本の温暖な地方では9月20日前後には必ずと云っていいほど見頃を迎えます。
 ここ、稲沢市にある国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザの河川敷にある林の中では、今を盛りと数千本の彼岸花が咲き誇っておりました。
 彼岸花は南は沖縄から北海道まで全国の田んぼのあぜ道や、小川の岸辺、山裾の木立の中など至る所で観ることが出来る、秋の花の代表ですが、花の名前と有毒性の植物である故、あまり親しまれない面もあります。
 一般的には彼岸花・曼珠沙華と呼ばれいずれも仏教に由来する名前らしい、その他異名も多く、調べてみると、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)等々あまり縁起の良い名前でないのでそれ故親しまれない花かも知れません


a0208066_9222166.jpg

a0208066_9225319.jpg

a0208066_923439.jpg

a0208066_9251418.jpg

a0208066_926973.jpg

a0208066_9265768.jpg

a0208066_928356.jpg

a0208066_9285397.jpg

[PR]

# by tosayosakoi | 2015-10-01 09:29  

ベトナム フエの駅寸描

 ベトナム中部のフエにある、ベトナム国有鉄道の小さな駅です。 入場券を払ってホームに出てみると日本の市内電車のような低いホームで、客車の乗降口との段差がありお年寄りや子供が難儀しておりました。 又、客車も老朽化が目立ち日本では滅多にお目に掛かれない状態で、更に窓には、金網が設けられており、まるで囚人護送車のような感じを受けましたが、聞くところによると、窓からの乗り込み防止のためとか・・・・そう言えばインドの急行列車でも金網張って有りました。



a0208066_16432866.jpg

a0208066_16435742.jpg

        
a0208066_1648359.jpg
                       列車到着でです。
a0208066_16503999.jpg

a0208066_16524386.jpg

a0208066_16514216.jpg

a0208066_16534138.jpg
               ホームが低く乗降口との段差があります。
a0208066_16542996.jpg

a0208066_16551100.jpg

a0208066_1656319.jpg

a0208066_1657339.jpg
     窓には金網が設けられておりまるで囚人護送車のようです。
[PR]

# by tosayosakoi | 2015-09-01 17:06  

涼を求めてⅡ 醒ヶ井「地蔵川の梅花藻」

梅花藻の咲く中仙道醒ヶ井宿、地蔵寺川からのレポートです。
醒ヶ井宿は、中仙道61番目の宿場で、居醒の清水から湧き出る豊富な水に恵まれその昔から中仙道でも人気度の高い宿場町として栄えて来たたらしい。
 居醒の清水から湧き出た水は、宿場町の街道沿いに地蔵川となって流れ、今も地域住民に大切にオ保存活動がなされている。  川沿いに住むお年寄りの話によると水道が引かれる昭和の中頃までは飲料水として使っていたとの事で、今でも野菜を洗ったりスイカ等を冷やすのに使われて居るそうです。
 清水からわき出る湧水量は1日1.5000トン、水温は年間を通じて15℃前後、そのため冷水を好む梅花藻が群生し夏になると川面が白くなるほどの花を咲かせます。


a0208066_1356520.jpg

a0208066_13565160.jpg
  地蔵川の水源、「居酔の清水」からこんこんと湧き出る清水は、日本名水百銘選におも選ば れております。

a0208066_1417021.jpg

a0208066_14181876.jpg

a0208066_14191995.jpg


a0208066_1420437.jpg

a0208066_14231247.jpg

a0208066_14311986.jpg
                 随所に水洗い場が設けられております。
a0208066_14343984.jpg

a0208066_1435249.jpg

a0208066_14372814.jpg

a0208066_14381358.jpg

a0208066_14383886.jpg
       梅花藻は水がきれいで、冷たい処にしか育たないため西日本では非常に珍しい水生そ植物です。
[PR]

# by tosayosakoi | 2015-08-16 14:23  

天下の奇祭「豊浜の鯛祭り」


 愛知県南知多町豊浜の鯛祭りは天下として知られ、毎年7月中旬の土曜、日曜日に行われます。
 この祭りは巨大な鯛の張りぼてを海に浮かべた後街中を引き廻しあとメイン会場の仮説の鳥居に激しくぶつけあう勇壮な祭りです。 明治18年頃、祭礼に興を添えようと「ハツカネズミ」の張りぼてをつくったのが最初といわれていその後 魚類になり、大正初期に「大鯛」に、昭和初期には胴内ではやしながら海に泳がせるようになりました。
 豊浜の象徴ともいえる『鯛祭り』、それは歴史と伝統の中で生まれ育ち、人々の心に深く刻み込まれた日本的な祭り文化です。

a0208066_758291.jpg

a0208066_7232157.jpg
            祭り開始です、祭り若衆に引かれて海に向かいます。
a0208066_7264934.jpg

a0208066_7312088.jpg

a0208066_7274374.jpg

a0208066_7283362.jpg

a0208066_730536.jpg
               湾内を2時間ほどかけて海上周遊します。

a0208066_7344868.jpg

a0208066_7593288.jpg

a0208066_7352864.jpg

a0208066_7373676.jpg
    海上周遊ノアと、再び陸に上がり街中を、祭り囃子にはやされながら練り歩きます。

a0208066_7433958.jpg

a0208066_8135.jpg

a0208066_82464.jpg

a0208066_841938.jpg

[PR]

# by tosayosakoi | 2015-08-01 07:44  

涼を求めて渓流歩き


 連日の猛暑のなか、涼を求めて岐阜県中津川市にある付知峡と、岐阜県飛騨市の宇津江の渓流を歩いてきました。
幾つもの岩清水を集めて、渓流となり清らかな流れが水飛沫を上げながら岩場を駆け下る、時には数十メートルの滝となり水煙を上げながら滝壺めがけて落下する光景は、身震いするほどの涼しさを感じる。
 夏場でも渓流の水温は15℃以下で、涼しさを越え冷たささえ感じ、この水を口にすると、持参したミネラルウオータとは比べものにならない水の旨さ感じ渓流歩きの醍醐味を味わうことが出来ます。

a0208066_15303561.jpg

a0208066_1532132.jpg

a0208066_15331872.jpg

a0208066_1534393.jpg

a0208066_15361230.jpg

a0208066_1538226.jpg

a0208066_15395686.jpg

a0208066_15413017.jpg

a0208066_15425419.jpg

a0208066_1545582.jpg

a0208066_15502413.jpg

a0208066_1551856.jpg

a0208066_15524967.jpg

[PR]

# by tosayosakoi | 2015-07-16 15:54  

あじさい園「あじさいの郷」


 6月中旬、愛知県蒲郡市形原温泉にあるあじさい園「あじさいの郷」に行って来ました。このあじさい園は三河湾を望む山の斜面にありおよそ三万㎡の園内には五万株のあじさいが植えられておりシーズンには10万人を越す観光客で賑わいます。
 あじさいは日本の初夏を彩る日本原産の花で、今ではアメリカやヨーロッパでも栽培鑑賞され日本では各地の寺社などに植えられ、有名なあじさい寺は50近くも有ると云われているが、特に千葉県の本土寺埼玉県の能護寺、京都の三室戸寺、三千院が有名ですが、その他有名なあじさい園は舞鶴自然文化園、神戸市立森林植物園などがあります。
 あじさいの花は七変化すると云われていますが、一般的には土壌の酸性度によって、賛成だと青、アルカリ性だと赤になると云われております。

a0208066_16155586.jpg

a0208066_1617943.jpg

a0208066_1617434.jpg

a0208066_16192587.jpg

a0208066_16213029.jpg

a0208066_16222896.jpg

a0208066_16231615.jpg

a0208066_16242127.jpg

a0208066_16252512.jpg

a0208066_1631695.jpg

a0208066_1636223.jpg

a0208066_163957.jpg

a0208066_16504226.jpg

a0208066_16415794.jpg

[PR]

# by tosayosakoi | 2015-07-01 16:51  

菖蒲園


 花菖蒲は文献によると戦国時代から江戸時代に掛けて改良が進められ、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に分類され5000種にも及ぶとも云われている。 その他長井古種と呼ばれる系統を含めると4系統もあると云わています。
 北海道から南は九州まで日本各地に菖蒲園があり日本の初夏を楽しませてくれます。 今回は愛知県岡崎市にある東公園菖蒲園をレポートします。 ◾東公園の花菖蒲園は、昭和39年に整備され、広さ約2900メートルの敷地に約120種・1万株の菖蒲が育てられています


a0208066_15134724.jpg

a0208066_1514142.jpg

a0208066_15154714.jpg

a0208066_15145035.jpg

a0208066_15164294.jpg

a0208066_15173156.jpg

a0208066_15192563.jpg

a0208066_15201565.jpg

a0208066_15213130.jpg

a0208066_15224076.jpg

a0208066_15254317.jpg

a0208066_15263055.jpg

[PR]

# by tosayosakoi | 2015-06-16 15:27  

池ヶ原湿原の水芭蕉


 池ヶ原湿原の水芭蕉の撮影に行って来ました。  池ヶ原湿原の水芭蕉はまれに見る群生地で、およそ40万下部とも云われる水芭蕉が咲き乱れ、日本でも屈指の群生地です。
 この湿原は四方を高い山々に囲まれた奥飛騨数河流葉県立自然公園内にあり、岐阜県の天然記念物に指定されて居るとの事で四月下旬から5月上旬に見頃を迎えます。

a0208066_19114341.jpg

a0208066_18514262.jpg

a0208066_18525440.jpg

a0208066_18531825.jpg

a0208066_18533698.jpg

a0208066_1854447.jpg

a0208066_18551562.jpg

a0208066_18554114.jpg

a0208066_18561169.jpg

a0208066_18563769.jpg

a0208066_18572193.jpg

a0208066_1964219.jpg

a0208066_1901917.jpg

a0208066_19101726.jpg

a0208066_19104964.jpg

[PR]

# by tosayosakoi | 2015-05-31 19:12  

いなべ市農業公園牡丹園


 いなべ市農業公園の牡丹園は、養老山系の山麓にあり約5000株もの牡丹が植えられており
辺りの自然の景観と調和し他の牡丹園とは違った巣場rしいけいかんびを持った牡丹園です。
 牡丹は中国西北部(陝西省、甘粛省、青海省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区)が原産地と云われ、中国では国花に準じるhぽどの花で花の王「花王」と呼ばれ愛好されているとのことです。
 

a0208066_6553172.jpg

a0208066_6555350.jpg

a0208066_6562172.jpg

a0208066_656412.jpg

a0208066_657489.jpg

a0208066_6574075.jpg

a0208066_6581488.jpg

a0208066_6583364.jpg

a0208066_65985.jpg

a0208066_6594688.jpg

a0208066_704763.jpg

a0208066_724919.jpg

a0208066_731214.jpg

[PR]

# by tosayosakoi | 2015-05-16 05:52